Translate

2019年3月12日火曜日

日本でも流行るかもしれないふわふわカステラ

2018年年末から2019年1月上旬まで台湾にいました。
その際に、辛党な私でもおいしいと思ったものをご紹介します。

「Jiggly Castella Cake」
こんなに大きいカステラを長い包丁で切り分けます

お値段は100元前後

大きさはこのくらい

赤い看板が元祖らしい。

甘すぎない味です。



 このお店とは別ですが、この巨大カステラを切る様子を動画にしましたのでご覧ください。

2018年3月5日月曜日

北米大陸オートバイ旅行-2005年7月26日

2005年7月26日(火)

この旅、一番の感動かもしれない。

 





スペースシャトル発射!!
遠かったが、貴重な体験だ。

 5時45分起床。なぜこんなに早いかというと、前々から日記にも書いてあった通り、スペースシャトルの打ち上げを見るためである。6時にはもう準備が出来、出発。前回ケネディー宇宙センターへ行ったときと同じく192号線を西へ向かい、4号線に乗り、オーランド市内から50号線に降りて、そのまままっすぐというルートだ。

 出発時の空は真っ暗で、ヘルメットのシールドを上げて、走行。ガソリンがないので、入れようと思ったのだが、入れようと思ったGSが閉まっていた。頭の中に「ガス欠」という単語が浮かんできて、どきどきしながら走り、やっと見つけた。今回は3ドル分とサンドイッチ、ゲーターレードを購入。全部で5.44ドル。

 日の出前ということで、かなり寒かった。シアトルで買ったマリナーズトレーナーが久しぶりに役に立った。

 高速4号線はそんなに込んでいなかったが、50号線は込んではいないものの、前回とは違い交通量が多かった。ところが、ケネディー宇宙センターに到着するくらいには、かなりの渋滞。こりゃ、抜けるのにだいぶかかるなと覚悟を決めて、渋滞の中に突入。誰もすり抜けをやっていないし、警察も結構多かったので、すり抜けはやらなかった。

 渋滞の中を1時間くらい待ったであろうか。あることに気がついた。この渋滞は宇宙センター内へ行くためで、僕は関係ないと。今日は打ち上げのため、許可書の持っている人のみ宇宙センターに入れるのだ。許可書の無い僕が並んでも仕方ない。路肩を走り、目的の国道1号線に入る。国道1号線は思ったより込んでなく、すぐに発射台が見られる海岸線にバイクを停め、場所探し。ちゃんと舗装されている場所はもう既に場所を取られていて、入り込む余地無し。

 幸い、岩場で普通に座れそうな所が空いていたので、岩場に席を取る。打ち上げは10時39分との事なので、それまで2時間半もある。朝買ったサンドイッチを食べながら、ボーっと過ごす。日差しが強くなり、汗もかき始めて、時計を見たらあと1時間。携帯電話の中のゲームをして、時間を潰す。10時20分くらいから、ビデオカメラの位置を再確認して、10時25分、撮影開始。

 発射台からかなり離れているものの、肉眼で発射台が見える距離だ。ただ雲が多く、若干かすんでいた。ビデオをズームにすると、かろうじて発射台にシャトルらしいものが見えるくらいだ。

 10時39分。いよいよ発射の時間。発射台がパァーっと明るくなり、煙が左右に広がる。後ろの観客が歓声を上げ、シャトルは無事に浮上。それからシャトルは雲の中に入り、しばらく見えなくなる。だが、雲の上から再びシャトルと炎が姿を現す。その頃に、発射の時の音が「ゴゴゴーー」っと聞こえ始める。その間もシャトルはグングンと空高く進み、あっという間に見えなくなる。

 賞味5分。Kissimmeeでの滞在を2泊延長し、今朝6時前に起きた甲斐があった。もしこれでまた打ち上げ延期にでもなっていたら、日ごろの行いが悪いと思うしかない。ああ、こんな貴重な体験が出来るのは、本当にラッキーだと思う。
  しかも今回の打ち上げはコロンビア号事故以来の打ち上げで、且つ日本人宇宙飛行士の野口聡一さんが乗っている打ち上げである。同じ日本人として非常にうれしいことである。

 打ち上げを見終えたら、バイクにまたがったササッと宿へ帰る。
 宿に着き、部屋に戻るとMassimoとCarloが寝ていた。あれ?ディズニーへ行くんじゃなかったのかな?起こすのはマズイなあと思い、静かに荷物を置いて、スーパーへ向かう。スーパーでミラービール6本と明日の水を買う。500ccのビール6本で3ドル。安い!

 それから自分自身も昼寝。日が昇る6時前に起きたのだから眠いのは当然だ。

 夜はまたMassimoがパスタを作る。今日はサルサソースを使ったパスタ。パスタのゆで方がちょっと変わっていた。僕の場合、茹で上がるまで強火でガンガン茹でるのだが、彼の場合、ある程度まで強火で茹で、後は弱火で茹でるという方法だった。これは彼流なのか?それともシシリー流なのか?

  いずれにしても午前中に見たスペースシャトルの打ち上げの興奮が一生忘れられないものとなった1日であった。

本日の走行距離: 182マイル(291km)
総走行距離:6347マイル(10155km)

2018年2月22日木曜日

北米大陸オートバイ旅行-2005年7月25日

2005年7月25日(月)

 こんなに長く、ここKissimmeeにいるとは思わなかった。8時半起床。バナナを食べ、牛乳を飲む。胃の中ではバナナセーキになっているであろう。非常に健康的な朝食だ。だが、今日の昼はステーキ。あごが疲れるほど食べようと思っている。

 台湾人の家族が朝食にやってきて、明日のスペースシャトル打ち上げについて色々と情報交換。その家族は朝6時にケネディー宇宙センターへ行き、チケットを買うそうだ。どうやら、朝6時半から販売されるチケットを購入すれば間近で発射が見られるそうだが、僕にチケットを買う購買力はなく、おそらく国道1号線から無料で見ると思う。

 明日はいよいよ発射。このためだけにここKissimmeeにいる様なもんだ。

 10時に受付に郵便局の場所を聞く。歩いては行けない距離だが、僕にはバイクがある。バイクにまたがってエンジン始動。郵便局まで192号線をずっと東へ進む。郵便局は192号線からちょっと南に入ったOak Streetという所にある。アメリカで初めて入る郵便局。中に入ると色々と封筒が置いてあったが、どれを選んで良いかわからず、白地に青が入っている封筒を選び、ステッカーに差出人、宛先を書き、並ぶ。15分くらい待ってやっとカウンターに行くと、「これじゃ、日本へは送れませんよ」と言われる。まさか先日のロンドンでのテロの影響で郵便物まで規制がかかっているのか!!
  と思ったが、なんて事はない。白地に青が入っている封筒は国内用ので、海外用のは白地に灰色(薄い黒?)が入っている封筒を使わなければならないそうだ。

大きな郵便局だった

 で、その国際用の封筒にまた差出人と宛先を書き、中身を移す。お値段、なんと19ドル。高いなぁ。「地球の歩き方アメリカ版」は帰国前に捨ててしまおうと思う。お金がないので日本の古本屋で100円で買ったものなんだから。

 12時に肉を焼き始める。そんなに厚い肉ではないので、すぐに火が通り、完成。1パウンド(452g)も食べるとやっぱりアゴが疲れる。もし、これが神戸牛や松坂牛であればペロリと平らげるのであろうが、僕が買ったのは安い肉。でも昼間っからビール片手に食べるステーキは美味。こんな贅沢、仕事をしていたら出来ない。

 昼飯を食べ終わり、ワシントンにあるユースホステルに電話をかける。28日から3泊の予約である。本当は4、5泊したかったのであるが、スペースシャトルを優先したため、スケジュール変更。スミソニアン博物館やFBIの見学はいつでもお金を出せば見られるが、スペースシャトルはお金を出せば見れるというものではない。そう考えると今回の決断は正しかったのかと思う。まぁ、何億円というお金をNASAとかに寄付すれば、間近で発射が見られるのかもしれないが、そんなお金僕が稼げるわけもない。

 ワシントンDCの宿は確保できた。このワシントンDCのユースホステルは予約時に必ずクレジットカード番号が必要である。クレジットがない場合は数週間前に予約金を郵送しなければならないらしい。クレジットカード社会を象徴していると思った。

 ちなみにワシントンDCのユースホステル、全米の中でもトップを争うくらいの人気ホステルらしい。まぁ、日本人の感覚とアメリカ人の感覚が違うところがあるし、どこの国の人であれ、個人個人の価値観によっても評価方法が違うから、一概に今回予約を取ったワシントンDCのユースホステルが良いとは言えないのかもしれない。過度な期待をしないようにしよう。

 オーランドからワシントンDCまでの距離約890マイル(約1424km)を27日チェックアウトから28日の夕方くらいまでに走らなければならない。1日700km以上の長旅だ。ここKissimmeeで十分体を休めて、万全の体調で望もうと思う。

 昼食を食べ、ベッドでワシントンDCでの予定を立てていたら、いつのまにか寝ていた。目を覚ますと西欧人2人組みがちょうどチェックインが終わって、僕の部屋に来た。イタリア人学生で、MassimoとCarloだ。非常にフレンドリーで、僕のバイクの話を聞いて、驚いていた。あまり英語が上手とは言えないが、物怖じせずに話す姿勢はすごいと思う。僕なんかは英語ダメだから、単語だけで答えてしまうのに・・・・・。

 で、このイタリア人2人組みと一緒に宿の中にあるプールで泳ぐ。3時間くらいは泳いだであろうか。そろそろお腹がすいてきたので、ご飯を食べようとの事。Massimoが「パスタ」を作るというので、僕もいただくことになった。さっそく食材を買いにスーパーへ行く。買ったのはパスタとツナ缶だけ。これだけで作れるパスタって。。。。

 でも完成したものを食べると、結構いける。へ~、僕の貧乏料理レシピに追加だな。

 その後もこのイタリア人2人組みと話し、楽しい夜を過ごす。ホステルのいい所は、安い上に、こういう交流の場があるということだ。

 寝る前に、Massimoが別の西欧人(アイルランド人とイスラエル人)に「この日本人はクレイジーなんだぜ」と紹介していた。そしたら、そこにいた西欧人、みんな驚いていた。そんな驚くほどのものではないと思うけどなぁ・・・・。ただ好きでやっているだけだから。

本日の走行距離: 12マイル(19km)
総走行距離:6165マイル(9864km)

2018年2月16日金曜日

「おいしい」 は「ハオチー」?「ハオツー」?

「おいしい」 は「ハオチー」?「ハオツー」?

  お昼ご飯を食べに、大手餃子チェーン店に入った。この餃子チェーン店では、オーダーなどが中国語のような専門用語を使うことで有名である。
  たまたま厨房に一番近い所の席に案内されたので、厨房にいるスタッフの会話が丸聞こえであった。先輩と後輩の会話が聞こえてきた。恐らく後輩は入ってきたばかりなのであろうか?専門用語から脱線したようなのか、中国語についての話をしていた。

後輩:「おいしい」って「ハオチー」って言うんですよね?
先輩:違うよ、「ハオツー」だよ。
後輩:え、そうなんですか?「ハオツー」は方言とかじゃなかったでしたっけ?
先輩:「ハオチー」は飲み物を飲んだ時に使うんだよ。「おいしい」は「ハオツー」。
後輩:へ~、てっきり「ハオツー」は方言だと思っていました。

-------------------------------------------------
  「好吃」はピン音で書くと「hǎo chī」。この「吃」(日本語で入力するときはいつも「どもる」と打っています)は 「食べる」という動詞であるから、何かを食べておいしいと思って時に言う形容詞である。
  日本人にとって、この「吃 chī」はいわゆる「そり舌音(捲舌音)」と呼ばれる音で、日本人が不得意とする音である。これを無理矢理カタカナで表現しようとすると「チー」となるであろう。なので「ハオチー」で正解と言えば、正解になるが、「妻」や「七」の発音「qī」もカタカナで表記すると「チー」になるので、分かりにくい。

  では「ハオツー」はどうか?これは南方訛りと関係していて、台湾や中国華南の人のしゃべる中国語は南方訛りと言われることがある。彼らが話す「好吃」は「ハオツー」に近いし、そう聞こえなくもない。南方訛りは日本人が不得意とする「そり舌音」が抑え気味なので、日本人にとっても発音しやすい。

  結論?!

  通じることに重きを置くのであれば「ハオツー」が良いが、標準中国語としての「好吃」を表現したいのであれば「ハオチー」で良いが、発音としてはNG。

コツ
「ハオツー」の「ツー」は 「あいうえお」の「い」を言う時の口の形で「ツー」というとより台湾人っぽい発音になる。

ちなみに、飲み物を飲んだ時の「おいしい」は「ハオチー」でも「ハオツー」でもなく「ハオハー(好喝hǎohē)」である。この「ハー」も無理矢理なカタカナ表記なので、正しくない。
でも様々な民族がいて、土地も広い中国。海外には華僑も多数いるので、日常会話レベルであれば、多少の違いなんて気にしない。むしろ外国人が中国語を話すことを喜んでくれる。
  私としては旅行会話とかであれば、カタカナで中国語を覚えるのも全然アリだと思う。

加油、加油!!

2018年2月9日金曜日

北米大陸オートバイ旅行-2005年7月24日

2005年7月24日(日)

 今日は特に何をするでもなくずっと宿にいた。7時40分に起きて、ルームメイトの日本人Ohyama氏にバイクを貸す。このまま持ち逃げされると困るので、一応航空券を預かり、キーを渡す。今日はこのことだけが非常に頭にあり、なかなかリラックスできなかった。信用しても良いのであろうが結局は他人。利益20ドルが出たが、心配な気持ちにもなるのであるから、結局マイナスと考えても良いのであろう。もう他人にバイクを貸すのは一切止めようと思う。昨日はビールを飲みすぎで、思考能力が落ちていて、「貸す」などと言ってしまったのであろう。

 オオヤマ氏が出発した後、ダイニングルームで牛乳を飲む。飲んでいると台湾人の家族がやってきた。恐る恐る「台湾人ですか?」と中国語で話しかけると、「ええ?あなたも台湾人?」と嬉しそうな顔をしながら返事が返ってきた。やはり異国の地での同胞、嬉しいものなのであろうか。でも残念。私は台湾人でない旨を伝えると若干驚いていた。だが、その後は普通に会話。どうやらこの家族は今日はディズニーへ行き、火曜日にスペースシャトルの打ち上げを見たいと言っていた。だが、どこで見られるのかとか、許可がなくても見られるのか、とかいった情報がないらしく、困っている様子だった。だが、僕もあまり情報を知らないので、教えてあげられるのは「予約しなくても見られる場所がある」ということだけだった。

 まぁ、僕が明日出発の予定を27日出発に変えた理由もスペースシャトルであるから、家族の気持ちがわかる。スペースシャトルもあと数年?十数年で役目を終えて引退するそうなので、こんなチャンス滅多にないと思う。なぜならスペースシャトルは打ち上げが大体1年に1回くらいで、あと残っているチャンスは多くて20回であろう。その中の1回が数日滞在を延長しただけで見られるかもしれないというのは、運命なのであろうか。キーウェストのユースのデポジットが郵送される宛先もここKissimmeeのユースだ。これは打ち上げを見ろという暗示なのだと自分にかけている。

 10時くらいに何もすることがないので、ベッドで地球の歩き方を見ていたらいつの間にか寝ていた。起きたら13時過ぎ。今晩は寝られないぞ。

 昼は冷凍食品の「Hungry Man」というフライドチキンとマッシュポテトが入った600g以上あるボリュームのあるのを食べる。さすがにXLサイズだったので、後半お腹が張ってきたが、何とか完食。これで5ドル弱なのだから、非常にお得だと思う。電子レンジがあれば、アメリカでの食事は本当に便利だと思う。最近は日本でも冷凍食品はすごいが、安いのは少ないと思う。いや、僕がただ安いのを知らないだけなのかもしれない。

 昼食後、ダイニングルームでボーっとしているとDavidというシアトルから来たアメリカ人が話しかけてきた。彼もまた27日に行われる発射を見るために、Kissimmeeの宿に泊まっていて、今日何もすることがないそうだ。彼に見えるポイントを教えてもらった。国道1号線なら大体どこでも見えるそうだ。彼の場合、車での移動らしい。僕のバイクの旅に関して、非常に驚きつつも、興味を持ってくれた。
 ちなみに発射時間は26日10時37分だそうだ。ここを7時か8時に出れば見られると思う。本当にこんなチャンス滅多にない。感動すること間違いなしだが、打ち上げがキャンセルになる場合もあるから、あまり期待しないように自分に言い聞かせている。

 20時くらいにオオヤマ氏が帰ってきた。バイクも無事で何より。彼もケネディー宇宙センターが見られて満足そうな顔をしていた。オオヤマ氏も車好きで、一緒にバーガーキングに行き、色々と車や旅行の話をしながらバーガーを頬張った。

 ここの宿は20時から23時までの3時間、無線インターネットが無料で利用できる。いつもは2、3人しか利用しないのだが、今日は5、6人の利用。これだけ大人数がネットをすると回線速度がダイアルアップ以下になってしまう。どんなシステムで運用しているかわからない。非常に不便だが、使えないよりはマシだ。

 晩御飯用に買ってきたステーキ肉は明日の昼に食べようと思う。まぁ、ここの宿にはあと3泊予定なのだから。

本日の走行距離: 151マイル(241km)
総走行距離:6153マイル(9844km)

北米大陸オートバイ旅行-2005年7月23日

2005年7月23日(土)

  7時20分起床。8時前にチェックアウトしようとしたら、オフィスが開くのがなんと9時から。このままではデポジットで払った5ドルが返ってこない。中庭に座っている西洋人のルームメイトにどうしたらいいかを聞いたら、「Early Check Out」のシステムを教えてくれた。紙に住所を書けば、5ドルを郵送してくれるそうだ。まぁ、あまり期待していないが、5ドル返ってきたらちょっとしたご馳走でも食べようと思う。

 8時過ぎに走る車はそんなには多くなく、非常に快適に走れた。昨日チェーンに油を差したからか、走り出しも順調だ。

 周りを海に囲まれたFlorida Keysをいよいよ離れていく。だが、ガソリンがなくなり、給油。しかしKey Westでは今まで走ったところで最高値のガソリンであった。普通は1ガロン、2.2~2.3ドルくらいなのだが、Key Westは2.49ドルが平均だ。まぁ、日本でも観光地のガソリンは結構高いので、それはアメリカでも同じという事かな。

 フロリダ市に差し掛かったときにマイアミ方面の95号線で行くか、はたまたEverglades方面から行くかの分かれ道で、同じ道を通るのはつまらないので、Everglades方面に進路を変える。

 片道1車線ずつの狭い道だが、かなりの田舎道で、交通量が少ないので、スイスイと進める。しかも信号も少ないので、込んでる高速道路より速いかもしれない。

 Belle Gladeという町で、昼食。マクドナルドだ。いつものようにビッグマックを頼み、席に着く。隣に白髪のおばあさんとおじさんがいた。ギルバートさんとチェリーさん?で、色々と話しかけてきた。オハイオ州に住んでいるらしく、僕のライダースーツに興味津々。色々話し、「17、8歳に見えるけど、何歳?」なんて言われた。25、6歳と言われた事はあるが、10代に見られたのはこれが初めてだ。アメリカではこういう何気ない所での会話が楽しい。英語が出来ればもっと楽しいのであろう。

 ギルバートさんたちに挨拶をし、マクドナルドを出て、また国道を走る。この国道が途中で閉鎖されており、回り道をしなければならない事態になってしまった。右か左か選択する時に、なぜか右を選んでしまった。結局選択してから地図を見るとどちらでも行けることがわかった。だが左を選んでいれば距離が若干短くなっていたはず。でも右を選んだおかげで、360度見渡す限りトウモロコシ畑の中を走れてよかった。しかも地図には載っていないような道だ。そんな道でもちゃんと舗装されているアメリカの道路ってすごいなぁと思う。

 宿の近くに差し掛かった所で、軽い渋滞。工事をしているためである。結局夕方16時半に到着。宿に着くと、マネージャーらしき韓国系の人が「バイクが停めてあったから、また来たんだとわかったよ」と僕の事を覚えていてくれた。割り当てられた部屋は前回と同じ部屋。だが、若干メンバーは変わっていた。

 元々は2泊しかしない予定ではあったが、結局4泊することにした。なぜならスペースシャトルの打ち上げが27日火曜日にあるからだ。それまで何もすることがないが、今までずっと走ってきて、疲れている体を休めるチャンスだと思って、お金を払った。幸いここの宿は一泊18ドル08セント(税込み)なので、経済的負担をあまり大きくない。

 夕食は久しぶりに野菜を食べた。スーパーでサラダを売っていたからだ。結構な量があって2ドルちょっと。それプラスご飯が食べたかったので冷凍食品のリゾットを食べるが、これはただ腹を満たすものだけでしかなかった。

 喉がかなり渇いていたので、Milwaukee's Best ICEがかなりおいしく感じた。Key Westでは一滴もアルコールを飲んでいなかったからという理由もあるであろう。

 買い物の内訳 ビール16oz×6=2.99ドル、サラダ 2.54ドル、ドレッシング 0.29ドル、バナナ6本 0.74ドル、冷凍食品 1.67ドル プラス税金0.21ドル 計8.44ドル

 バイクに乗っていて時々グローブを外して運転するのだが、そのせいで手が日本人離れしたくらい黒くなってしまった。


本日の走行距離: 386マイル(617km)
総走行距離:6002マイル(9603km)

2018年2月7日水曜日

北米大陸オートバイ旅行-2005年7月22日

2005年7月22日(金)

 8時過ぎに起床。9時にはもう出発。目指すはセブンマイル橋近くの海岸。今日はノーヘル、ランニング、海水パンツの格好で走る。(あとで聞いたのだが、保険がない人はヘルメット着用が義務づけられている。僕は海外旅行保険があるので、ノーヘルでも大丈夫だと思ったのだが、どうやら海外旅行保険ではあまり良くないらしい)

 来る時に結構いいビーチを見たので、そこに行こうとおもったが、なかなかたどり着けない。結局30マイルくらいKey Westから離れた所のセブンマイル橋のすぐ横のビーチで日焼けを楽しむことにした。人気(ひとけ)が少なく、海水も非常に澄んでいる美しいビーチで、3時間くらい過ごす。

  お腹が減ってきたので、またKey Westに戻る。今日は何を食べようか考え、地球の歩き方オススメのPepe's Cafeに行って、店に入るも、一人じゃ入れない雰囲気だったので、すぐにドアを開け出る。
 お腹がだいぶ空いていたのだが、迷いに迷い、今まで食べてこなかったファーストフードのWendy’sで食べることにした。非常に空腹だったので、ビッグサイズを注文。たらふくフライドポテトを食べ、いい感じにお腹がいっぱいになった。

 お腹がいっぱいになったら、今度は近くにあるスーパーへ行き、チェーンオイルを購入。ジョージア州辺りからチェーンの音がシャラシャラするので、気になっていた。5000マイルも走っているからチェーンが伸び始めてきたのかな?と思ってチェックしても、あまり伸びていない。たぶんインディアナ州にいる時の豪雨で、チェーンオイルが流れてしまったのであろう。
  そうそう使うものではないので、一番小さいサイズのチェーンオイルを購入。税金込みで3ドルだ。まぁ、次また使う機会があるであろうから、高くはないと思う。

 宿近くの浜辺へまた行く。ここのビーチに人は思ったほどおらず、木の下で2時間ほど睡眠を取る。波があまりないので、「ザブーン」という波の音は聞こえないが、ジェットスキーのエンジン音はどこからとなく聞こえてきていた。ここでの睡眠、非常によかった。今度は、本でも読みながら過ごしたいものだ。

 宿に戻り、バイクをちょっとだけ洗車。久しぶりの洗車にRebelもうれしそうだ。だが、汚れが意外にも頑固で、そんなにきれいにならなかった。やっぱりタオルがあったほうが洗車しやすい。洗車のついでにチェーンに油も注す。やっぱりチェーンのオイル切れの音だった。油を注したら全然音がしなくなった。ああ、もう少し早い段階で注すべきだったのであろう。

 オイルを注した後、アメリカ本土の最南端Southernmost Pointへバイクで行く。ここで写真を数枚撮るが、バイクが入った写真を撮りたくて、バイクを停めて、パシャリ、パシャリと撮り、足早にその場を離れ、カメラをケースに収納。

  と、ここで後ろを振り向くと、白地の車が僕のバイクにぴったりとくっついているではないか。パトカーだ。中にいる警官はただ車内の機械をいじっているだけで、僕に停まれだの、バイクを降りろだの言ってこない。確かに、僕が写真を撮った場所は駐車禁止ではあるものの、停車に関してはOKの場所だ。(縁石の黄色い線は駐車禁止の意味。)だから、切符は切られないはず。だとしたら、もしかしてノーヘルに関してか?いよいよ心配になってくる。

 恐る恐るバイクを発進させるも、パトカーは動かない。このまま進んで距離がだいぶ離れた所になってもパトカーは動いた気配はない。さて、どうなることやら。もしかしたら最南端で撮った写真が1枚数百ドルの写真になってしまうかもしれない。

後ろに見えるのが最南端の目印

 最南端の場所から一旦バイクを置き、今度は国道1号線最南端へ行く。ここが1号線の終着点である。

標識が0マイル
一番上に「END」と書いてある。
 起点でもあり終着点でもある。

 昨日からここKey Westに訪れて気がついたのだが、僕が日本で使っているスクーターの「Scoopy」。なんとここでも見ることができる。レンタル用に貸し出されているものが殆どであるが、なんだか親しみのあるスクーターである。アメリカでは「Metropolitan」という名前で発売されており、若干デザインが違う。
Metropoitan という名前らしい。

 
過去に私自身が乗っていた赤のスクーピーを発見

市街地はこんな感じ。

郵便ポストが可愛かった。

 宿に戻り、バックパックの中に3週間も入りっぱなしのインスタントラーメンを宿の台所で作る。作っている間、ずっとアメリカ人のおじさんが日本を訪れたことについて、話しかけてきた。日本はいいところだを連呼していた。よっぽど気に入ったのであろう。まぁ、僕も日本や台湾でアメリカ人にあったらアメリカはいい所だと言うであろう。

 また別のアメリカ人は「神戸牛は最高だ。アメリカでは味わえない味だ」とえらく感動していた様子。しかも食べたのが20年くらい前の話だが、今でも食べたがっている。よっぽど気に入ったのであろう。

 宿の中庭で飯を食っていると日本人らしき人がカップラーメンを作って別のベンチで食べ始めた。勇気を持って「日本の方ですか?」と話しかけるとやっぱりそうだ。イトウさんという小さな新聞社で働いている人だった。6週間の長期休暇をとってバス旅行をしているそうだ。僕と反対のルートで、シアトルから入り、サンフランシスコ、LAなどへ行き、今中間点のKey Westにいるそうだ。これからはワシントンDCに行って、NY、ナイアガラ、シカゴ、そしてシアトルへ戻るそうだ。若干僕のスケジュールと重なる。もしかしたら、ワシントンDCのユースホステルでまた会うかもしれない。

 23時くらいに別の日本人女性が話しかけてきて、スペースシャトルの発射が今度の火曜日26日に行われるそうだ。スペースシャトルの打ち上げなんて、なかなか見られないので、Kissimmeeに火曜まで滞在しようか今非常に迷っている。

 結局24時前に明日二人とも早いということで、話をお開き。さっきの日本人女性はどこかへ出かけたようだ。

本日の走行距離: 96マイル(153km)
総走行距離:5616マイル(8985km)